小中学生 宿題サポートが終わりました
毎年恒例となり、定着してきたかと思われますが、館林市内の小中学生を対象とした、夏休みの宿題サポートを館林美術館にて行いました。8月2日、3日の二日間午後から3時間にかけて美術コース2年の生徒がサポートを行いました。 学校では見られない生徒の新たな一面を覗くことのできた2日間でした。「教わる」から「教える」の違いを実感しましたか?この経験を今後の学校生活に活かしてください。
2年生 大学見学
2年生の恒例行事となりましたが、大学見学に行ってきました。ホームページや冊子で、ある程度は学校のことを理解できますが、実際にキャンパス内を見学することで、見ることができなかった部分も見学できます。また、学内に流れている空気?雰囲気のようなものを感じ取ることができ、目標に繋がっていくこともあるかと思います。全員参加できなかったのですが、2年生達、参考になったでしょうか? 東京芸大学内 多摩美大 東京造形大 ライオンキングを鑑賞・舞台芸術の完成度の高さを堪能
西美 夏期講習会終了
今年も夏休みの講習会を行いました。7月24日、25日、26日の3日間の日程で、人物・静物・石膏・自分の顔をデッサンや絵画、彫塑で制作しました。また、講師として卒業生にお願いしていますが、彫刻は蓮見君(東北芸工大4年)、絵画は吉田君(東京造形大4年)に指導してもらいました。写真は平面分野の講評の様子。今年は、館林高校の美術志望の生徒が一人参加体験しました。ほぼ一日で作品を集中的に制作することは、とても意味があることです。制作を始め、終わりをつけることを繰り返し行い、自らの完成の経験値を増やし、これが今後の制作に反映されていきます。美術コースの生徒諸君!夏休みこそ、自分の時間がとれます!無駄に時間を過ごすことなく、とにかく何かをやりましょう。必ず自分に返ってきます。
1年生 校外デッサン講習会
美術コースでは1年の時点で校外の美術予備校へ行きデッサンの指導を受けます。日々デッサンをしていますが、同じメンバーや環境だと、どうしても習得に限界があります。そのため、東京の予備校に行き環境を変えて指導を受けます。今年は、「お茶の水美術学院」にて指導を受け、とても有意義なものになりました。今回の講習会で何かをつかめた生徒もいると思います。これをきっかけに高い目標を持って取り組もう。写真はその様子。
デッサンコンクール終了
今年もデッサンコンクールが終了しました。講評でも生徒へ話をしましたが、ある一定の時間内で、どこまで何ができるのか知ることがこのコンクールの意義だと思います。限られた時間で繰り返し制作することで、自己の能力が磨かれていきます。ただ漫然と制作をしても身にならないということですね。とにかく約5時間の長丁場、ご苦労様でした。以下、コンクール上位5作品を掲載します。
校内デッサンコンクールスタート!
今年も、年に一度の美術コースの生徒達がプライドをかけて勝負する、デッサンコンクールがスタートしました。学年関係なくほぼ一日かけてデッサンを完成させます。一日で完成させることに、とても大切な要素がたくさん詰まっています。今回のお題は「自画像」。生徒のいろいろな反応はありましたが、何はともあれ、校内での自分の実力を確認するとてもよい機会です。自分の思いをどこまで画面に定着できるか。さあ、真剣勝負。
展覧会のご案内
本校美術コース教諭・鈴木康弘先生の個展です。夏休み中の会期になります。 本校美術コースの先生たちは制作(研究)を絶やしません。それはなぜなのか、生徒の皆さん考えてみましょう。皆様ご高覧ください。
教育実習生の報告
今年は3名の卒業生が教育実習生として母校に戻ってきました。5月22日から始まった実習も本日で終了。3週間はどのように感じたでしょうか。指導する側に立った時、はじめて分かったこともあったと思います。何はともあれ、こうして卒業生が戻ってきて、近況報告を聞くと安心します。写真は3名が研究授業を行っているところです。 11期生 清水 藍さん(愛知県立芸大彫刻) 12期生 吉田 裕亮さん(東京造形大絵画) 13期生 増田 有夏さん(筑波大構成) この経験を今後の生活に活かして頑張ってください。
展覧会のお知らせ
美術コース教諭の山田先生が出品する展覧会です。ご来場ください。
2年生 親子ガイダンス
昨日になりますが、美術コース2年生を対象にした親子ガイダンスを開催しました。特殊性の高い美術という進路について理解を深め、親子で進路を決めていく目的で、外部講師の方に来ていただき説明をしてもらっています。 今回は、「トーリン美術予備校」の佐々木庸浩先生に来ていただき、美大の各専攻の特徴、入試の傾向、就職、学費のことなど総合的な話を具体的に説明していただきました。写真は参考作品をもとに大学専攻ごとの試験の特徴について説明しているところです。佐々木先生、ありがとうございました。 2年生の諸君、そろそろ自分の方向性について、具体的に考える時が来ていますよ、真剣に考えてみよう。
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
LINK
MOBILE
qrcode

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.